アフィンガー4

「Affinger(アフィンガー)4」は「ワードプレス用」のテーマ(テンプレート)で、
アフィリエイターだけでなく、普通にブログのテンプレートとしてアドセンスもOK。

無料のテンプレートでブロガーさんに人気のテンプレート「STINGER」と、
アフィリエイト用「AFFINGER3」の両方を合わせたのが今回の「AFFINGER4」。

無料から有料になりました。

あくまでも「稼ぐサイトの設計図」がメインで、
付録として「AFFINGER4pro」のテンプレートが付いてくる設定です。

商品名:稼ぐサイトの設計図~[付録]WordPressテンプレート
販売社名:株式会社オンスピード
運営統括責任者:後藤健治
所在地:名古屋市千種区今池1-6-3 ITOビル4階

有料になったAFFINGER4の特徴

使ってよかった特徴です。

  • 見た目を左右するカスタマイズが細かく設定できる
  • 管理画面で「投稿日の非表示」とか
    「おすすめ記事一覧」、AFFINGER特有のSEO設定もできる
  • 豊富な「ウィジェット」で広告が自在に張れる

サイトのカスタマイズが細かく設定できる

アフィンガー説明2

Hタグの文字の色、背景、デザインまで設定OK。
ちょっと慣れが必要ですが、使ってるうちに分かってくる。

「投稿日の非表示」の設定ができる

アフィンガー説明3

「投稿日・更新日」や「コメント欄」とかいらないときに、すぐ「非表示」にできます。

豊富な「ウィジェット」

アフィンガー説明4

アドセンスや自分で作った広告なども細かく設置できます。

こんな機能まで付いてる

アフィンガー説明5

これは「記事タイトル」や記事に張った「画像」が最初は映ってなくて、
スクロールすると「ジワリと出てくる」やつです。

他にはこんな機能もあります

⇒ YouTubeの動画を「背景」にすることができる機能ですが、
アフィリエイターとしては、あまり使わない機能かと。

⇒ ランキングも、1~3位までならすぐ出来るようになってます。

⇒ ウィジェットにショートコードが使用できます。これ便利。

⇒ ヘッダー画像も横幅いっぱいにも出来て、
トップだけでなく下層の記事にもヘッダー画像を表示することも出来ます。

稼ぐサイトの設計図とは

これからサイト作りを始める人にも、中級者にも参考になる内容が書かれています。

  • 「ワードプレスの基本設定」
  • 「プラグインの説明」
  • 「記事の書き方」
  • 「理想のサイト構成とは?」
  • 「売る為に」

必要な基本知識をギュッとつめて、何度も読める33ページ。

4ページ目には、サイトタイトル、記事タイトルのつけ方の基本がサラッと書いてありますが、
この大事な部分を知らないでタイトル付けてる人は多いと思います。

あと、「記事の書き方」は、基本が書いてあるので、これからアフィリエイト始める人にはすごく参考になるはず。

文章だけでなく「写真」や「文字の修飾」についても大切な部分が明記されてます。

そして「売らずに売る」。
なんか禅問答のようですが、中級者も確認してほしい「3つのポイント」が響きます。

このマニュアルだけでも価格以上の価値はあるかと。

デメリットは

サポートがありません。
というか、この価格でサポート付けたら、赤字です。

それなりのマニュアルはサイト上にもありますし、
グーグル検索でほぼ解決します。

カスタマイズについても、詳しく紹介してる人もいますので、あまり心配はいりません。

まとめ

  • 色の設定など個性的カスタマイズで差別化ができる
  • 管理画面で「投稿日の非表示」とか
    「おすすめ記事一覧」、AFFINGER特有のSEO設定もできる
  • 豊富な「ウィジェット」で広告の取り扱いが楽

以前から「AFFINGER3」の無料版を使ってました。

有料版は正直どうしようかと思ったんですが、
「CSS」を変更することなく、
細かい部分の「色の設定」や「H1~H5タグ」のデザインが、
管理画面でできるので購入しました。

カスタマイズがいろいろ出来るので、アフィリエイト用だけでなく、
会社や店舗のホームページもキレイに作れるテンプレートです。

SEOについては、記事ごとに「サイトタイトルと記事タイトル」が個別で設定できます。

そういうことも含めて「SEOに強いテンプレート」として口コミが多いのも特徴です。

稼ぐサイトの設計図 ⇒ AFFINGER4公式ガイド