アフィリエイトで稼げない時に思うこと

アフィリエイトの作業してて挫折しそうな時に言ってしまう、つい口から出てしまう言葉

「あ~ 3ヶ月間毎日サイトに記事入れてるのに売り上げゼロ。なぜだか分からん」

とか

「3ヶ月後には100万円稼ぐ!と張り切って塾に入ったけど稼げない…」

とか

「いろんな教材買って勉強したけど、増えるのは教材だけで売り上げは増えない」

こんなこと言ってませんか?

私は、すべて体験済みです。。。

やっぱりコレが挫折する原因かと

当時はAPSで紹介された有名な商品をアフィリエイトする物販をやっていました。

サイトを作り出して3カ月たっても、アクセスは1日に1件か2件。

アクセス解析を見て、
「このアクセスもしかして、俺のアクセス…?」
なんてことも、しばしば。

これは、
誰もいない深夜の公園で「1人フリーマーケット」やってるような感じ。。。

だいたい、こういう売り上げが出ない時が続くと
「稼げない」となってやめてしまいます。

もう少し付け加えると、
アフィリエイトで挫折する理由は「稼げない」という状況だけでなく、
「専門用語がよく分からない」とか
「やることが多すぎる」とかもあります。

でも、モチベーションのことも含めて「売り上げが0円」が、
挫折する大きな原因なのは明らかです。

アフィリエイトやり続けてわかること

今となって分かることは、
サイトに記事を書き出してすぐにはアクセスは来ないですし、
「人に読んでもらえる」記事を書かなければアクセスは増えません。

ですから、作ったサイトに人が来るまでには、
記事を書き続けて最低3カ月から6カ月はかかるということです。

逆にそうやってコツコツ積み重ねたサイトは、
アクセスは少なくても、長い期間アクセスを呼ぶことになります。

稼ぐまでに3~6カ月は長いと思いますか?

たとえば、
会社に勤めたことがある人なら分かると思いますが、
1年後に昇給する金額はどのくらいですか?

アルバイトやパートなら、時給は1年後にどのくらい上がりますか?

おそらく、会社勤めの人なら数千円で、アルバイトやパートなら昇給はほぼないですよね。

アフィリエイトなら、狙った金額を稼ぐことは可能です。

アフィリエイトするサイトにコツコツと記事を書いていって、
売り上げ0円から3-6ヵ月後には少しづつでも稼ぎだすとしたら、
そのサイトは24時間あなたの代わりに、
会社やアルバイト先に出勤することなく稼いでくれます。

もう一度、言います。

「作ったサイトは24時間あなたの代わりに、
会社やアルバイト先に出勤することなく稼いでくれます。」

どうやって「稼げない」を克服したか?

私がやったことは、
まず「ほんとに稼いでる人」で「煽る文章」を書いていない人を見つけて、
メルマガなどに登録して時間を掛けてメールを送ったりしました。

誤解のないように言っておきますが、
メールの内容は「稼ぎ方を教えてください」、
といった内容ではありません。

当たり前ですが、
まずは、挨拶からです。

時間を掛けて、少しづつ、メールの回数を増やしました。

もう一度いいますが、「稼ぎ方」は聞いてません。

お金も払わずにそんなこと聞いたら「失礼」ですよね。

リアルでもネットでも稼いでる商売人

メールでやり取りしてると、
個別コンサルタントではできないけど「塾」の形式で「直接指導」も可能な人がいました。

今でいう「高額塾」ですが、入って良かったのは、
スカイプやメールを使って、
私が作ったサイトの修正箇所など指摘してもらえたことです。

すると不思議に2ヶ月目くらいから、
なんとか少しずつ成果がでるようになってきたんです。

リアルでもネットでも稼いでる商売人気質な人なので、
細部まで鋭く指摘してもらって、
いい方向に導いてもらえました。

これが、稼ぐまでの時間を節約できた理由かと思います。

ちなみにその方の「塾」は今はやっていませんし、
「高額な塾」をすすめているわけでもありません。

むしろ、
アフィリエイト初心者の方なら「塾」には入らないで、
いい教材を購入してサポートを受けながら真面目にサイトを作れば、
5-10万円程度あれば意外に早く稼ぐことは可能です。

実際にアフィリエイトのどんな事を教わったか。

まず、
サイトを実際に診てもらって、改善点などを指摘してもらいました。

ズバズバと容赦なく指摘してくれる方だったので、
私としてはいい勉強になったと思っています。

その指摘された中で、今でも覚えてることは次のようなことです。

  • 「誰に書いてる記事なのか、はっきりしていない」
  • 「メーカーのサイトに書いてあるようなこと書いても無駄」
  • 「読んでる人が役に立つ情報が書いてない」
  • 「まだあなたのことを何も知らないのに売り込みしすぎ」

特に記憶にあるのは、
たとえば、
「仲のいい先輩に、この商品についてお得な事や失敗した事を含め丁寧に話す」
ようにして記事を書くということです。

この感覚は今まで気にしてなかったこと。

ほかにもたくさん指摘してもらいましたが、
今でも大事にしてることは、
文章を書くときは相手の顔が見えない分、
ほんとに注意して書かなければいけないということです。

具体的に何をしていったのか

結局「どんな記事を書いたらいいのか」考えたわけです。

タイトルについては、
見た瞬間に「興味」や「関心」を引く言葉で書くようにして、
そのタイトルに対しての「答え」を、
具体的に理由もつけて記事として書くようにしました。

これは、
サイトに訪れた時、
商品を購入するにあたっての「具体的な悩みや不安」を、
分かりやすい言葉で、
具体例など書きながら悩みや不安を和らげていく感じでです。

とにかく誰に書いてる文章かを、
実際に細かくイメージして書きました。

アフィリエイト始めた頃は、
記事を書くことの勉強も兼ねて、
アマゾンで「マーケティング」や「行動心理」の本を買って、
手当たり次第に読むこともしてました。

読むと、
人間が意識していない「深層心理」で行動してる部分が多いことなど、
いろいろ理解が深まって感じです。

これはアフィリエイトだけでなく、
どんな商売にも役立つ知識だなと、ニンマリとした記憶があります。

アフィリエイトで挫折してしまう2つの理由。

まとめます。

アフィリエイトで挫折する原因は、
大きく分けて2つの理由があります。

  • 「稼ぐまでに時間が掛かる」
  • 「アクセスがあっても売れない」

第一の理由、
「稼ぐまでに時間が掛かる」こと。

書いた記事は検索エンジン(googleなどに)登録されて、
人が検索して、
その検索された言葉で記事にたどり着くわけですが、
それには記事の「数」も「質」も必要ということです。

その記事の「数」と「質」を高めるのに時間が掛かるというわけです。

でも、
真面目に作っていけば、
アクセスは徐々に伸びていきますので安心してください。

第二の理由、
「アクセスがあっても売れない」

これは、簡単に言うと
「読んでくれる人の役に立つ記事を書いていない」
「押し売りになっている」
ということ。

アクアセスを増やそうと思えば
記事の「数」も「質」も必要と書きましたが、
記事の「数」を増やしながら「質」も考えて書いてくださいと言うことです。

記事の「質」で注意することは

  • 「誰に書いてる記事なのか、細かくイメージする」
  • 「読んでる人に役立つ情報を書く」
  • 「売り込みはしない」

これを意識しながら、
とにかく中学生にもわかる言葉で、分かりやすく書く。

「稼ぐ」ということは、簡単ではありません。

アフィリエイトに限ったことではありませんね。

しかし、アフィリエイトで「稼ぐ」サイトを作ってしまえば、
勤務先に行く必要もないし、
作ったサイトはネット上で24時間、
あなたの代わりに稼いでくれます。

ここをはっきりイメージすれば、
3カ月~6か月、
いや、1年かけてでも作って行けば、
大きな収入の柱が1つ増えるということです。

でも、
「稼げない」と挫折して簡単にやめてしまう人が多いのも事実です。

どうか簡単に諦めないでくださいね。
コツコツやることが確実に未来につながって行ってますので。

私は、挫折しそうになったら、
好きなことを思いっきりして気持ちをリセットして、
その後は、1日5分でもいいので、
パソコンに向かって記事を書くようにしてました。

今は「アフィリエイトありがとう~」
という感じです。

では、また。