「ワードプレスのバックアップが必要なのは知ってるけど、どうやってバックアップしていいのか分からない」

「バックアップはしてるけど、どうやって復元するのか分からない」

こういう質問を受けることがたくさんあります。
トラブルの時にあわてないように、間単に基礎知識を書きます。

バックアップする前に必要な基礎知識

ワードプレスのバックアップを簡単にしてくれるプラグインが「BackWPUp」です。

では、BackWPUpは何をバックアップしてくれるのか?

バックアップしているものは大きく分けて2つあります

  • ファイル:写真・画像データ、テーマ、プラグインなど
  • データベース:記事などの文字情報やワードプレスの設定情報

ファイルには何が含まれるのか

ファイル(FILE)と呼ばれるものは

  • WordPressを構成してる各種ファイル
  • 写真などの画像データ
  • テーマ(テンプレート)
  • 追加したプラグイン

ここの中で容量が大きいファイルは「画像・写真・動画」ファイルです。
ブログで写真をたくさん使ってる場合は、バックアップ作業してるだけでサーバーに負荷がかかります。

データベースには何が入っているのか

データベース(DataBase)は簡単にいうと「文字情報の倉庫」です。

ワードプレスに投稿した記事やカテゴリ、コメントなどの文字と、ワードプレスの設定情報が主に入っています。

ポイントは、ワードプレスをインストールしたサーバーとは別に存在していることです。

また、テータベースの復元は「phpMyAdmin(ピーエイチピーマイアドミン)」というソフト使います(レンタルサーバーに用意されてます)。

ちなみに、FTPソフトでサーバーの中を見てもデータベースは存在しません。

バックアップは別々にしたほうがいい

プラグイン「BackWPUp」の最初の設定「一般」のところで、ファイルとデータベースを分けてバックアップするほうがベストということです。

その理由は、写真や画像データは比較的大きいので、バックアップ作業自体がサーバーに負担を掛けてしまうからです。

毎日ではなく、週に1回・深夜にスケジュールしましょう。

ファイルに比べるとデータベースのデータは比較的軽いので、頻繁に更新するなら毎日バックアップしても大丈夫です。

実際の設定

  1. データベースのバックアップ
  2. ファイルのバックアップ
  3. インストール済みのプラグイン

この3つをバックアップしておけば、バックアップを取った時点の状態に戻すことは可能となります。

まとめ

バックアップするデータは大きく分けて2つある

  • ファイル:画像・テーマ(テンプレート)・プラグインなど
  • データベース:投稿記事などの文字情報・ワードプレスの設定情報

ファイルデータは写真・画像を含むので比較的大きくなる。
だから、データベースのバックアップとは別にスケジュールしたほうがベスト。

ファイルの復元はFTPソフトを使って転送する。

データベースはサーバーとは別に存在している別システムなので、テータベースの復元は「phpMyAdmin(ピーエイチピーマイアドミン)」を使う。

重要なことは、ファイルとデータベースは別物ということと、データベースは「phpMyAdmin」を使って復元することです。