ブログとホームページ(サイト)は同じでない?

ホームページブログ

いろんなサイトを読んでると「ブログ」と「普通のホームページ」がなんだか同じように扱われてます。

でも、実はこの二つ、
「ワードプレス(WP)を使ったブログ」と「HTML言語主体のサイト」は全く別物です。

少しややこしくなりますが、
これから使うことが多い専門用語もありますので、あえて専門用語を使って書きます。

「ブログ」と「サイト」の大きな違い

サイトとブログ

ブログ(wp:ワードプレスなど)

たとえば「無料ブログ」で記事を追加したり修正する時は、
「無料ブログ」の「URL」を入力⇒「ログイン」してからWEB上で追加・更新。

簡単に言うと、WEB上で修正できる、
ワードプレス(WP)で作ったものを「ブログ」と呼びます。

ポイントは、

  • 記事は「データベース」という場所に格納されている
  • 記事を追加すれば、指定したカテゴリ内に関連記事などが自動で追加される
  • サイトの見た目を変えることも、テンプレートを入れ替えるだけで簡単にできる

この「データベー」スにもいろいろ種類がありますが、
だいたいのサーバーでは「MySQL(マイエスキューエル)」というシステムで記事を管理しています。

ワードプレス用のテンプレートについては世界中で作られていて豊富にあります。

ちなみに当サイトは「賢威」という、
先輩アフィリエイターの中で評判が良かった有料テンプレートで作っています。

HTML言語主体のホームページ又はサイト

サイトとブログ

「HTML言語」で作ったホームページのポイントは

  • サイトに記事を追加する場合は「パソコンの中で」記事を追加する
  • シリウスなら記事を追加したら関連するリンクも自動で追加
  • 作業後FTPソフトを使って「サーバーにアップロード」する
  • データベースを使わないのでWPに比べ表示速度は速い

大きな違いは、
あなたのパソコンの中(ハードディスク内)にあるHTMLデータを修正するということです。

また、データベースを使わないホームページはサーバー会社に関係なく「表示速度」はワードプレスより速いです。

そして、このホームページの作成や修正の作業を簡単にして、すぐにサイトが出来るツールが「シリウス(SIRIUS)」です。

初心者は「ブログ」か「サイト」か

どちらか

「パワーサイト」で運営するのか「ペラサイト」のような小規模なサイトを作るのかによって使い分けます。

  • サイトの記事数が、1~100個くらいまでの規模なら「サイト」。
  • パワーサイトに育てるなら「ワードプレス」を使ったブログが便利。

例えば、
「情報商材をレビュー形式でアフィリエイト」するなら、商材の数が増えれば記事の量も多くなると思うので、「ブログ」が向いています。

また、商品単体をアフィリエイトする「物販」などは「ホームページ(サイト)」が向いています。

商品、商標のアフィリエイトは、いいキーワードを探して手探りでアフィリエイトするような場合もあります。そんな時は、手軽にサイトが出来るシリウスでサット作って、その後、そのサイトがあたればブログに変えてることもできます。

ブログやサイトを自分好みにしたいなら

ブログやサイトをカッコよくカスタマイズしたいときは、「HTML」や「CSS」の基礎知識が必要になります。

たとえば「ヘッダー画像」を差し替えるとか「背景」の色を替えるぐらいの作業でも、テンプレートによって中身は違うので多少の知識は必要です。でも、はじめはあまりいじらないで、ヘッダー画像を交換するくらいでやめておいたほうが無難です。

無料ブログなら「文字の色や大きさを変更」すたりするところから練習すればいいです。

「ブログ」と「サイト」のまとめ

 ブログ(WPなど)サイト(HTML)
追加・更新作業ウエブ上でどこからでも更新が可能パソコン内で追加・修正してFTPを使ってアップロード
記事データの格納場所サーバーに設置されたデータベース主に個人のパソコン(ハードディスクなど)
その他特徴一部HTML言語を使って文字を修飾したりできる。「シリウス」を使えば、HTMLを意識しないでサイトができる。

将来に向けて大きく育てていくサイトを作るなら、追加・更新が簡単な「ブログ(ワードプレス)」使うようにする。

商標(商品名)で商品単体をアフィリエイトするなら、「キーワード」を替えてペラサイトでテストを兼ねてサイトを量産していくので、シリウスで作る「ホームページ(サイト)」が便利ということです。

つまり「どんな商品か、またどんな方向でアフィリエイトするか」によって使い方が変わると言うことです。