ビジネスをはじめたばかりの個人事業主にとって、集客は大事な作業です。

インターネットで集客するには大きく分けると「SEO対策」や「PPC広告」そして「SNS」を使って集客する方法があります。

できれば、お金を掛けないで、自然とお客さんが集まって来るようにしたいですよね。

集客をはじめる前にやっておくこと

ネットを使った集客をやる前に、やるべき事を整理してみましょう。

  1. サイトに「アクセス解析」は入っているか
  2. 商品・サービスについての検索キーワードは抽出済みか
  3. 競合サイトの分析と差別化はできているか

最低でもこの3つを準備してから集客作業に入ります。
集客と同時に売り上げアップにも関係してきますので重要です。

広告やSNSではなくSEOで集客する?

お金を掛けないでお客さんを呼ぶには、まず、売り上げにつながりそうなキーワードをたくさん抽出します。

この抽出した「キーワード」を使ってサイト全体で集客していきます。

徐々に売り上げに関係するキーワードが分かってきますので、ここで検索順位を上げるためにする対策が「SEO」!

でも、「SEO」は難しいでしょ?

特別に難しいことはしません。
基本は、抽出したキーワードに関連するお客さんの悩みや心配してることを解決する記事を書く。
または、見てくれた人に役立つ内容が書いてあればOKなんです。

大切な1人のお客さんを想像して「検索キーワード」を意識して、もう一度確認してみてください。

SEO対策は、オリジナル制があって役に立つ記事を書いていれば、特別なことはしなくても大丈夫です。

最近は本当にその傾向にあります。

わたしも、日々、本・雑誌・テレビ・新聞・チラシなどから情報収集して、お客さんにとって魅力あるサイトを作るように心がけています。

サイトに「アクセス解析」は導入済みですか?

お客さんは検索窓に「キーワード」をいれてあなたのサイトに訪問します。
その時の「検索キーワード」が「お宝」なんです。

訪問してくれた時の検索キーワードを自動で記録するのが、アクアセス解析です。
すべてのキーワードを記録することはできませんが、役に立つ情報です。

アクセス解析で有名なのが無料で使える「Googleアナリティクス」。
便利で優秀ですので、導入していないなら、すぐに入れてください。

あとは、
「Googleアナリティクス」と連動できる、Google「Search Console」にもサイトを登録することを忘れないように。

Search Console(サーチコンソール)にサイト情報を登録しておくと、検索エンジンへのインデックス(サイト登録)が早くなる可能性があります。

そして、検索されているキーワードの関連情報なども収集してくれる役立つツールです。

ですから「Googleアナリティクス」と「Search Console」は必須。

売り上げがアップする「検索キーワード」の抽出はOKですか?

これからネットで集客をするなら、ホームページにたくさんの記事を入れることが大切です。

その記事の中には、お客さんが検索するであろう「キーワード」を意識して書きます。

関連するキーワードだけでなく、売り上げに結びつくキーワードが大事。

ネットだけで抽出するのではなく、雑誌やチラシなどからも拾っておくと、ライバルが気づかないキーワードに出会えます。

そうなってくると、あなたの売り上げアップにつながる!というわけです。

まとめ

まず次の3つのポイントを押さえてSEO対策していく。

  1. サイトに「アクセス解析」は入っているか
  2. 商品・サービスについての検索キーワードは抽出済みか
  3. 競合サイトの分析と差別化はできているか

アクセス解析を確認しながら、お客さんが検索した「キーワード」に対して答えを書いてあげるように記事を書く。

コレが最初にやるべき「お金を掛けないで集客する方法」です。

いきなり「PPC広告」や「SNS」を使って集客しても、アクセスはあるけど「売り上げ」が上がらない事態になることもあります。
あせらないで作っていきましょう。