検索エンジンといえば世界中で使われてる「グーグル」様ですが、
すごく便利で賢いツールをたくさん提供してます。

その便利なツールの代表がGメールやgoogleドライブなんですが、
使うときは「googleアカウント」を取得しないと使えません。

このアカウントは複数作れますし、ツールは無料で使い放題なので作っておいた方がお得です。

googleアカウントの作成方法

まずは⇒ Google アカウントの作成 から。
「Gメール」の作成と同時にgoogleアカウントをとることになります。

  • 名前
  • ユーザー名
  • パスワード
  • 生年月日
  • 性別

ここの「ユーザー名」がGmailのアカウント名(@より左側部分)になります。

次の

  • 携帯番号
  • 現在ご使用されているメールアドレス

携帯番号はなくてもいいんですが、
「パスワードのリセット」する時などに使います。

現在ご使用されているメールアドレスもなくてもOKです。
「Gmailの予備のメールアドレス」として使われるものです。

この2つは後でも設定できます。

「ロボットによる登録でない」は、
画面に表示されている文字をテキストボックスに入力。

次に進んだら、アカウント作成は終了です。

Android、iPhone端末でGmailを使う

Androidの場合は、スマホの設定の時にGmailのアカウントが必要です。
ですからGmailアプリは既にインストールされていますので、すぐにGmailが使えます。

iPhoneはアプリをダウンロードしてから使います。
アプリを起動して「Add account」から入って、
「メール」と「パスワード」を入力して次に進みます。

まとめ

グーグルアカウントは

  • 名前
  • ユーザー名
  • パスワード
  • 生年月日
  • 性別

を入力してすぐに出来ます。

  • 携帯番号
  • 現在ご使用されているメールアドレス

については、パスワードのリセットをする時などに使うので、
なるべく入力する。後でも登録できる。

⇒アカウントは複数作ることも可能。

このグーグルアカウントがあれば

  • Googleアナリティクス(アクセス解析)
  • Googleキーワードプランナー (キーワード解析)
  • Googleドライブ(15GBのクラウドドライブ)
  • Google スプレッドシート(エクセル)
  • Googleドキュメント(ワード)
  • Googleカレンダー
  • Google+の「ハングアウト」でテレビ会議

などが無料で使えるようになります。

しかも、みんなクラウドで保存されていますから、
複数のパソコンで、どこからでも共有が可能なんです。

店や会社のパソコンや、持ち歩いてるノートパソコン、スマホも
googleアカウント1つで全部同期が可能です。

Google スプレッドシートは、自動で、しかもリアルタイムで保存してくれます。
いちいち「保存ボタン」を押さなくてもいいんです。
入力と同時に更新もしてくれます

これ、すごく便利です。
この辺はまた別で説明します。