ワードプレスでブログを書いていると、
ダッシュボードの「記事の投稿」の下にある「固定ページ」は何に使うものか?

カテゴリーではありません「固定ページ」です。

投稿記事と固定ページの違いとは

この固定ページはどこにも属さない独自の個別記事になります。

投稿はブログの記事ですから、指定したカテゴリー配下に関連づけて管理されます。

この関連付けを「紐つけ」という場合もあります。

SEO的にも意味がある記事になります。

固定ページの使い方は

カテゴリとは関連のない独立した記事なので、使われ方は決まってきます。
よく使われるのは、

  • お問い合わせ
  • アクセス
  • 店舗や会社の紹介
  • プライバシーポリシー
  • 特定商取引法に基づく表記

こういう感じの記事です。

固定ページ作ったらすること

固定ページは独立しているので、カテゴリーには入りません。

ですから個別でメニューの中に入れてあげないといけません。

固定ページで作った「店舗紹介」・「お問い合わせ」や「アクセス」とかは、
サイトの下のほうに設ける「フッターメニュー」に追加します。

また、「お問い合わせ」ならトップのグローバルメニューや、サイドメニューにも入れます。

でも、最初に作ったらほとんど更新しないのも固定ページです。

ホームページの固定したトップページとしても使える

実は、ホントはもっと重要な使い方があるんです。

ブログのトップページにも使えます。

トップページが固定されているので、ブログがホームページのようにも使えます。

作り方は、
トップページ用の固定ページを新規で作って保存します。
 ↓
「設定」から「表示設定」の画面を出します。
 ↓
「フロントページの表示」のところで、
「固定ページ」を選んで、先ほど保存したページを
「フロントページ」の中で選択して、変更を保存します。

これで、サイトのトップページは固定されて、ホームページとしても使えます。