ネットビジネスを経験して分かった

私は脱サラしてリアル店舗経営もネットビジネスも経験しました。

だから言えると思いますが「儲かるとか儲からないとか経営者しだい」と思ってます。

不条理なことで売り上げが落ちることもありますが、
すべて受け入れてこその経営者だと思っています。

リアルな商売もネットビジネスも経験してみてつくづく思うのは、
「アフィリエイトはいい商売だな~」ということ。

在庫もいらないし、
始めるにもお金はほとんど掛からないし、
作ったサイトは365日24時間働いてくれてます。

そして「稼いでくれます」。

でもまだ「ホントに儲かるの?」と思っているあなたに、
一つの「事実」を書いてみます。

アフィリエイトと広告主の仲介役であるASP

アフィリエイターがお世話になる広告代理店のような会社、
ASP(エーエスピー)という業態があります。

アフィリエイターも広告代理店のようなものですが、
大手のメーカーや大企業の商品を扱えるのは、ASPがあるからです。

もう一度書きますが、ASPとは会社の名前ではありません。
アフィリエイターと広告主の間にいる仲介役の会社の総称です。

この「ASP」と呼ばれる業態の有名な会社は日本に数十社あります。

で、
注目していただきたいのは、
大手と言われる数十社のASPは「上場企業」なんです。

もう10年以上前の話になりますが、
2005年-2006年頃にジャスダックやマザーズに上場しています。

これは、なんというか、
アフィリエイトという仕事が生まれて、
ASP、アフィリエイターが生まれて、
どちらも成功して儲かった証拠です。

アフィリエイターもASPも在庫はありませんから、
双方が「おいしい商売」だということです。

でもアフィリエイターで稼いでる人少ないですよね

よくある話題ですが、いったい誰にアンケートをしたんでしょう。

国税調査の欄に「アフィリエイター」と書ける欄がありますか?

何が言いたいのかというと、
まだ日本には「アフィリエイター」どころか「ネットビジネス」でさえ市民権を得ていないのが事実です。

通販もネットビジネスなのに、世間一般では「通販」なんです。

これは勝手な私の解釈でしょうか。

あと20年もすればネットビジネスは当たり前の業種なんでしょうが、
残念ながら今はそうではありません。

たとえば、
ラーメン屋さんが飲食業で分類されるように
アフィリエイターならインターネット業という分類があっていいはずなのに、ない。

国が知らない、把握していない、それだけです。

そんなことより、実際にお金を稼いでる事実を見て前に進んだ方が正解です。

そういえば、
我が家の娘が中学生の頃に言ってたことを思い出します。

「愛があっても、実際、お金がないと生きるの大変やん」と。

いろいろと学校で現実も見て出てきた言葉だと思うし、真実だと思います。

話がそれました。

結局アフィリエイトは稼げるのか

まとめると、現状「アフィリエイト」という商売を知ってる人が少ない。

情報も少ないし事態もつかめない。

でも、
事実としてすでに書いた「asp」という業態の会社は10年前には上場している。

これが「アフィリエイトは儲からない」といことが嘘(うそ)である証拠です。

ほんとに体験したことがある人の言葉か

私のアフィリエイター仲間の話ですが、
年間の売上は「1千万」どころか「1億以上」の売り上げのがある仲間は、少なくとも3人はいます。

仲間なので金額だけで全てを判断することはないですし、
本当はもっと稼いでる人は多いと思っているので、聞こうとも思いません。

というか、
普段は誰もお互いの売り上げ金額の話とかしません。

聞いたところで、です。

「たあいもない話」や「すごそうなビジネス」の話が多いです。

言いたかったのは、
「儲からない」と言ってる人は
「実際にはやっていない」のでは?ということが言いたかったのです。

では また