ワードプレスに適材適所でプラグインをいれておけば、ブログの検索順位にも、日々の運用にもいい影響がでてきます。

実は、過去にこのプラグインの扱い方を間違って苦い経験をしたことがあります。

その経験を踏まえて、最低限必要なプラグインは何かを考えてみました。

WordPressにインストールする3つのプラグイン

基本的に、この3つは入れておいたほうがいいというプラグインです。

  1. Akismet
  2. Google XML Sitemaps
  3. Contact Form 7

1.Akismet

コメントスパム対策用のプラグインです。

サイトを長らく運営していくと必ず届く「コメントスパム」。
この「コメントスパム」を削減してくれるプラグインですので最初から入れておくほうが無難。

ordPress.com に登録が必要ですが、メールアドレスがあれば大丈夫です。

2.Google XML Sitemaps

検索エンジン用のXMLサイトマップを自動で作ってくれるプラグインです。

検索エンジンが参照するサイトマップなので、サイト記事のインデックス(登録)にも影響してきます。

更新した記事をなるべく全部認識(クロール)してもらうようにするために必要です。

3.Contact Form 7

これは「お問い合わせフォーム」が簡単にできるプラグインです。

サイト運営に必ず必要な「お問い合わせフォーム」が、少ない設定でプロ並みにできます。

SEOで有名な「All in One SEO Pack」は

私は以前から入れていません。

このプラグインは「必須」と言ってる方も多いですが、既にテンプレート(テーマ)で対応している物が多く、いまさら必要ないという考えです。

記事ごとに「タイトル」や「説明文」「メタタグ」を設定できるテンプレートを使っていれば特に問題ないですし、何回も説明するように、「相性」の問題があるので入れていません。

プラグインをインストールする前に考えること

とくに、ワードプレスを使ってブログやホームページを作り始めた人や、誰かの指導で、最初からプラグインを10個以上インストールしている人は要注意かと思います。

なぜかというと、ワードプレスもテンプレート(テーマ)も進化がすごく早く、すでに必要ないプラグインもあるからです。

去年まで使ってよかったプラグインが、今は必要ないということです。
また、
プラグインの更新をしたら、他のプラグインとの相性が悪くなって、突然サイトが表示されないこともあります。

とにかく、プラグインのインストールは最小限にしたいものです。

ワードプレスのプラグインを入れすぎてトラブル発生

たくさんのプラグインをインストールしてたら、徐々にサイトの表示速度が落ちることがあります。

また、表示速度が落ちると検索順位にも影響しますので、ほんとに注意が必要です。

どんなプラグインに注意するべきか

  1. WordPressの高速化
  2. 画像ファイルの最適化

この関連のプラグインは、注意が必要です。

全部悪いとは言いませんが、確かめながら使って、おかしいと思ったらすぐに「停止」するべきです。

まとめ

最初に入れる基本的な3つのプラグイン。

  1. Akismet
  2. Google XML Sitemaps
  3. Contact Form 7

そして、注意が必要なプラグインは

  1. WordPressの高速化
  2. 画像ファイルの最適化

これらのプラグインは特に相性の問題も多く発生しています。

様子を見ながら、必要なものだけを入れるようにすることです。