ワードプレスの画面が突然真っ白になると、あせります。頭も真っ白。。。

あせらず、とにかく原因を探さないと対処できませんので、一つずつ探していきましょう。

ワードプレスのデータは消えていませんので、あわてないで大丈夫です。

画面が真っ白になった時の状況は?

ワードプレスで作ったブログやホームぺージが真っ白になる状況は

  1. プラグインを入れた後
  2. テーマ(functions.php)の修正中
  3. ワードプレスの「wp-config.php」を修正したとき

こういう時にトラブルが発生しています。

1.プラグインに関係するトラブル対策

画面が「真っ白」と言うよりは、画面の上の方にエラーメッセージが出てませんか?
「~error~~.php~~」
そんな時は、よーくエラーメッセージを読んで、プラグイン名に関係する文字がないか探してください。
プラグイン名が分かれば、プラグインを停止します。

大体は「キャッシュ系」が原因となることが多く、まれに「表示に関係する」プラグインでもなったりします。

何度か経験しましたが、ワードプレス本体の更新をした後のトラブルは、プラグインが原因だったことが多かったです。
これは、ワードプレス本体の仕様変更でプラグインが使えなくなった場合に起こります。

対策は、ダッシュボード(管理画面)が出るなら、あやしいプラグインを停止していく。
もしくは、FTPを使って「 wp-content/plugins/」の中に入ってる該当のプラグインをフォルダごと削除してもいいです。

プラグイン同士が干渉する場合もエラーとなる場合もありますので、ここでもあやしいプラグインを停止して確かめて行きましょう。

2.ワードプレスのテーマ(テンプレート)のトラブル対策

テーマでも「functions.php」を修正中に真っ白になる場合が多いです。

対策は、インストールする前のテーマファイルの中から、「functions.php」だけアップロードして上書きする方法です。
以前のファイルが無い場合は、再度テーマをダウンロードして対応です。

アップロードすると修正した内容は上書きされて消えますが、とりあえず管理画面は出るかと思います。

3.「wp-config.php」を修正後のトラブル対策

「wp-config.php」を修正して発生したトラブルは、必要なタグの一部を消した場合が多いです。

FTPソフトを使って「wp-config.php」だけダウンロードして修正してください。
修正が終わったらアップロードして上書きします。

まとめ

画面が真っ白ではなくて、エラーメッセージが出ているなら、 プラグインが原因で画面が表示されない場合が多い。

対応は、エラーメッセージを見て関連のプラグインを探してプラグインを「停止」する。

「functions.php」のトラブル対応は、
最初にインストールしたテーマファイルから「functions.php」だけを再度アップロードする。

アップロードする場所は、ドメイン名/wp-content/themes/ の中の該当テーマのフォルダ内です。

「wp-config.php」のトラブル対応は、
「wp-config.php」をダウンロードして修正。その後アップロードする。
アップロードする場所は、ワードプレスをインストールしたフォルダです。

とにかく、「ワードプレスのバックアップ」は必ず取っておくことを、強くおすすめします。