ドメイン取得に出てくる用語

ドメイン選び

新規でドメイン取得なら次の会社が有名で、よく使っています。

  • バリュードメイン(VALUE-DOMAIN)
  • ムームードメイン(muumuu-domain)
  • お名前.com

取りたい「独自ドメイン(URL)」の名前をあらかじめ決めておいて、
「.com」や「.net」で取る感じです。

でも、あらかじめ決めたドメイン名が既に登録済みの場合もあるので、
そんな時は、
ドメインの中に”ー”などの記号や、”数字”を加えて試してみてください。

「.com」や「.net」中心でドメインを取ってますが、あまり理由はありません。
基本はなんでもOKです。

どれが「強い」とか「インデックスされやすい」とか、いままで感じたことはありません。

半年から1年間運用してみてやっと「このドメインなんか強いな」とか感じるくらいです。

あえて気にするのは、1年後の更新料金くらいです。

ドメインを取るときに出てくる用語

ドメイン取るときだけに絞った、
最初の画面に出てくる用語の一覧です。

微妙に違いますが「ドメイン」が共通キーワードです。

 バリュードメインムームードメインお名前.com
1ドメイン登録取得ドメイン
2空きドメイン検索お気に入りのドメインを見つけようドメインを登録する

ドメインが空いていたら、
すぐにクレジットカードを使って購入できます。

サーバー設定で間違えやすいところ

独自ドメイン(URL)の取得が出来たら次はサーバーの設定です。

サーバーとは実施にサイトを入れておく場所です。

格納

ここで最初に間違えやすい用語があります。

それは、サーバーを借りたときに、
最初に付いてくるドメインです。

これは「取得したドメイン」ではありません。
呼び方は次のような感じです。

  • エックスサーバー⇒初期ドメイン
  • ロリポップ⇒ロリポップのドメイン
  • さくらサーバー⇒初期ドメイン

普通は、
サーバーを設定したときの「アカウント名」が初期ドメインの一部になったりします。

さっき取得した「ドメイン」とは別物です。

ドメインを取った会社とサーバーの運営会社が違う場合

ドメイン側の画面でネームサーバーの設定が必要になります。

ネームサーバーの設定とはドメインとサーバーを繋ぐ作業です。

まずサーバー側で「ネームサーバー」の名前を確認します。

2016年9月現在のネームサーバー名

 ネームサーバー名
エックスサーバーns1.xserver.jp から ns5.xserver.jp
ロリポップuns01.lolipop.jp と uns02.lolipop.jp
さくらサーバーns1.dns.ne.jp と ns2.dns.ne.jp

このネームサーバーの値をドメイン側」で設定します。

そして次は、
「サーバー側」でドメインの登録をします。

ドメインを取った会社とサーバーの運営会社が同じ場合

次のように「ドメイン」と「サーバー」が同じ運営会社なら、
「ネームサーバー」の設定はいりません

  • Xdomein(エックスドメイン)と エックスサーバー
  • ムームードメインと ロリポップサーバー
  • さくらインターネットと さくらサーバー

ドメイン取得とサーバーの運営会社が同じので
「ネームサーバー」の設定は不要
なんです。

忘れずに言いますが、
ドメインの登録は必要です。

ワードプレス最初の設定

ワードプレスはサーバー側で自動インストールが便利です。

ここでは「データベース」という用語が重要になってきます。

1回インストールすれば、移動しない限り必要ありませんが、
データベースのバックアップ取ったり、
これから先に必要になることもあるので書いておきます。

ワードプレス設定で必要になる用語。

  1. データベース名
  2. ユーザー名
  3. パスワード
  4. データベースのホスト名

この用語を、
有名な3つのサーバー会社ごとの名称をまとめてみました。

エックスサーバー

①データベース名⇒ MySQLデータベース名
②ユーザー名⇒ MySQLユーザー
③データベースのホスト名⇒ MySQLホスト名

さくらのレンタルサーバー

①データベース名⇒ データベース名
②ユーザー名⇒ データベース ユーザ名
③データベースのホスト名⇒ データベース サーバ

ロリポップレンタルサーバー

①データベース名⇒ データベース名
②ユーザー名⇒ ユーザー名
③データベースのホスト名⇒ データベースホスト

だいぶややこしいですが、
必要になったら、また見てください。

では、また