初心者の頃はサーバー選びで苦労しました。
どこのレンタルサーバーが「安くて」「安定して」「サクサク動く」のか?

でも、残念ながら、100%完璧なサーバーはありませんでした。
これまで11社以上のレンタルサーバーを使ってきましたが、どこも一長一短。

一つだけ言えることは、「安物買いの銭失い」になら無いように気をつけることです。
何かあっても「時間はお金で買えない」のです。

安定運用で有名なサーバーも完璧ではなかった

ネットで仕事してる同業者に「安定してるサーバーは」聞くと、ほとんどの人が「エックスサーバー」と答えます。それほど有名なレンタルサーバーです。

でも、エックスサーバーでさえ、記事・画像・写真が多くなったワードプレスを運用していくと、表示速度が遅くなることがあります。

「もっと性能がいいサーバーにすればいいやん」

確かに1か月4,000円も出せば1人でサーバーを占有できる専用サーバーもありますし、稼働率100%のサーバーもあります。

でも、これからワードプレスを設置してブログ、ホームページを作る人にとっては、月に4,000円のサーバーは選択外のはず。

個人事業主やブログで稼ぐならどこのサーバーを選ぶ

ここで紹介するサーバーは「お小遣い稼ぎ」ではなく「本気で稼ぐ」人に向けて紹介します。
これまで11社以上のサーバーを使ってきた経験から、まずは選び方の5つのポイントから。

  1. 価格だけで選ぶな
  2. マルチドメイン
  3. データベースの数
  4. 容量の大きさよりデータ転送量
  5. マニュアルとサポート

1.価格だけでサーバーを選ぶな

私も以前は価格で選んでいましたが、安いサーバーはだいたい裏切られました。
特に「ワードプレスを使ってブログを運営」すると、表示速度が遅くなることがしばしば発生します。

価格でいうと「月額100円前後」のサーバーです。

ワードプレスは記事など文字情報をデーターベースという倉庫みたいなところに保存しています。
ここがポイントなんですが、サーバーとデータベースの処理能力に余裕がないと、特にインターネットが混む時間帯で表示速度が極端に遅くなったりするんです。

お小遣い稼ぎではなく「本気」で稼ぐなら、訪れてくれる人のためにサクッとブログが画面に出てきたほうがいいですよね。

ですから、もし価格で選ぶなら最低でも「月額500円」以上のサーバーを選ぶのが安心です。

2.マルチドメインの数

まず「マルチドメイン」ってなに?
あなた専用のドメイン(URL)を何個まで同じサーバーに登録できるかということです。

「マルチドメイン10個までOK」と書いてあるなら、あなたが取得したドメイン(URL)が10個まで1つのサーバーで使えるということ。
また、「マルチドメイン無制限」と書いてあれば、何個でもドメインが登録できるということです。

この「マルチドメイン対応」は、使い方で決まります。
ビジネスブログ1個でいいのなら「マルチドメイン対応」でなくてもいいです。

逆に、副業として「アフィリエイト用」のサイトを複数作って収入アップを狙うなら「マルチドメイン無制限」がお得になるということです。

3.データベースの数

データベースの数は、ワードプレスブログ1個作るなら1個のデータベースが必要になると考えてください。
ここも、ブログの使い方、運営方法で必要な数が決まってきます。

データベースはMySQL(マイエスキューエル)と書いてることもあります。

4.データ容量とデータ転送量

「データーの容量はどのくらいあればいいんですか?」

たとえば、個人経営の店舗、フリーランスのビジネス用のブログ、ホームページなら「文字」中心で、写真・画像は1ページに平均2~3枚載せることが多いと思います。
投稿する記事も、多くて500ページくらいと想定したら「10GB」もあれば超余裕です。

ただし、写真の大きさには注意してください。

普通のブログに「横幅1500px以上&高解像度」の写真はいりません。

ブログの記事部分を表示してる横幅は、パソコンで見る時は大きくて1000px、通常700px前後ではないでしょうか。写真はできるだけ圧縮して使うようにしてください。

無駄に大きい写真は表示速度にも影響しますし、容量が必要となるので、写真の大きさに注意すれば「1ブログ・5GB」でも十分です。

動画を載せるなら「youtube」を利用しましょう。

ちなみに、文字(テキスト)中心なら「1GB」でも十分です。
(例)1GBにどのくらいの文字が入るか
A4に2,000文字書く計算なら、1GBに40万ページは余裕で入ります。

データ転送量は多いほどいいですよね

データ転送量は、サーバーから検索した人のパソコン・スマホなどへデータを送るデータ量です。
写真・画像が多ければ、データ転送量も多くなります。

レンタルサーバーのプランごとに1日の転送量の限界が設定されています。
限界を超えると「サーバーが落ちたり、遅くなります」。

1日のデーター転送量の限界を公表していないレンタルサーバーもあるのでなんともいえないのですが、目安と言われれば1日の転送量「10GB」もあれば大丈夫かと思います。

ですから、データー転送量が1日30GB以上のレンタルサーバーなら余裕がある感じです。

あくまでも将来を見越した目安です。

5.マニュアルとサポート

マニュアルは豊富なほうがいいですが、最低限のQ&Aしかないサーバーもあります。
そんな時はサポートにメールもしくは電話できるサーバー会社が安心できます。

まとめ

どんなサーバーでも何かしらのトラブル、表示速度の遅れは出てくるもの。
特にワードプレスを使ったブログ、ホームページは表示速度などに影響が出やすい。

サーバー選びの5つのポイント

  1. 価格だけで選ぶな。最低月額500円以上を選ぶ
  2. マルチドメイン(複数のURL)が使えるほうがいい
  3. データベース(MySQL)の数は最低1個必要
  4. 容量とデータ転送量にも気をつける
  5. マニュアルとサポートが充実している

個人経営の店舗・会社、フリーランスのビジネス用のブログ1つでいいなら、「2。マルチドメイン」は不要で、「3.データベースの数」は1個で大丈夫です。

将来を見越してデータ転送量は「1日10GB」を目安に選びましょう。

「稼ぐサイト」を作ることを前提にしたサーバー選びでした。