テレビ通販の紹介の流れ

テレビ通販

勉強のつもりでテレビ通販を冷静に見てるつもりでも、つい買ってしまう。
そんな経験は私だけでないはず。

テレビ通販で紹介する商品は、ほぼ同じような流れで進んでいきます。

そこで「進行」を書きだしてみると。

1:商品の特徴紹介

 ↓

2:今までは、こんな欠点もあったんですが、
今はこんなに素晴らしくなってます、と説明。

 ↓

3:実演やお客様の声。

 ↓

4:ここで、最初の価格を発表。

 ↓

5:さらに、今回に限り割引や特典を発表。

 ↓

6:もう一度、特典と値引き価格を伝える。

 ↓

7:お電話は今すぐこちらから。

だいたい、こんな感じで、
あまり興味がなくても、グイグイ引き込まれていきます。

アフィリエイトでも通用するか

この流れは、ネット通販でも同じように使われていて、
具体的には
「ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)」
という手法です。

アメリカで80年以上も前から研究されてる販売の方法で、
日本には1999年頃、あの「日本一のマーケッター」といわれる、
「神田昌典」さんが広めたことで有名。

もともと、ネットがなかった時代の販売手法だったんですが、
インターネットの普及とともに形を変えて今も進化してる手法です。

ですから、
この販売方法をアフィリエイトの文章に応用すればいいわけです。

一つの「型」みたいなものなので、
この「型」を練習していけばいいというわけです。

この「型」の説明

簡潔にまとめると「3つのブロック」に分かれます。

  1. 関心を引く・問題提起
  2. 共感したり、問題解決方法
  3. 行動(購入してもらう)

1:興味・関心や問題提起

最初の「つかみ」の部分です。

タイトルと記事の最初の部分です。
一番大事な部分とも言えます。

どのくらい大事かは、
「新聞の一面記事のタイトル」
「週間紙の表紙、中刷り」
「テレビ番組表」
を想像してみて下さい。

売れ行きに直結する部分なので、すごく考えられてます。

私は普段から、
どんな「タイトル」に興味を持ったかメモしてます。

で、記事を書く際に、一部分を真似したりします。

2:共感したり、問題解決方法の提示

タイトル、つかみに興味を持って読んでもらえたら、
今度は、読んでる人と「共感」したり、
問題を解決する方法や商品を紹介したりします。

そして、ここで重要な部分は「お客様の声」です。

商品の性能や特徴ではなく「使ってどうだったのか?」
ここが一番気になる部分だからです。

気になりますよね?

3:最後に行動(購入してもらう)

最後に、
今だけの「特典」や「限定割引」で購入のために行動してもらいます。

アフィリエイトの場合は「購入」ではなく広告主への「誘導」となります。
つまり、
リンクをクリックしてもらうことで完結です。

後は、広告主が作ったサイト(LP:ランディングページ)次第ということになります。

ですから、
アフィリエイトする際は、広告主のLPも重要になりますので、
購入までの流れが適切かどうか、チェックすることも大事です。

まとめると

  • テレビ通販の紹介の流れは「型」がある
  • 「型」はDRMというマーケティング手法
  • アフィリエイトの文章にも応用ができる
  • ①関心を引く・問題提起、
    ②共感したり、問題解決方法
    ③行動(購入してもらう)

今見てるテレビ通販は、
「誰に」「何を」
伝えようとしているのか?

深読みしながら気になるフレーズなどメモしていくと、
「なるほど」とうなずく場面があるはず。

あとは記事を書きながら練習あるのみです。

では。