ワードプレスで作ったブログやホームページのデータが突然使えなくなったらどうします?

私は、これまで1回だけサーバーのトラブルでデータが消えたことがあります。
その時は 全てのデータは復旧はできませんでした。

そんな時のためにデータを保存(バックアップ)しておきましょう!といいたいのです。

で、便利にバックアップしてくれるプラグインが「BackWPup」なんです。
紹介します!

ワードプレスのデータを全部バックアップするプラグイン

BackWPup」は、一度設定すれば「毎日」でも「毎週」でも自動でバックアップを取ってくれます。

記事やカテゴリ情報が入った「データベース」も「写真・画像」「プラグイン」など、設定にもよりますが、全部バックアップしてくれます。

BackWPupの設定と使い方

新規で「BackWPup」をインストースして有効にしてからの説明です。

新規ジョブ追加からはじめます。

BackWPup 設定1:一般

①ジョブの名前:分かりやすい名前をつける

②このジョブは:データベースのバックアップ・ファイルのバックアップ・インストール済みプラグインリスト・にチェックをいれます。

③アーカイブ名:そのままでもOK。(私は、長いので短くしてます)
④アーカイブ形式:「Zip」(Windowsユーザー)にチェック

⑤バックアップファイルの保存方法:「フォルダにバックアップ」。できれば、FTPを使って別のサーバーに二重でバックアップしたほうが安全

⑥ログの送信先メールアドレス:メールアドレス

⑦メールのタイトル:長いので短くしたほうがいいです

保存します。

BackWPup 設定2:スケジュール

バックアップを取る日時を指定します。

毎日更新するブログなら「毎日」にして、1週間に1回のバックアップでいいなら「毎週」を選択します。

BackWPup 設定3:DBバックアップ

基本は全部バックアップしますので、全部にチェックが入って入ればOK

BackWPup設定4:ファイル

初期設定のままでもOKです。
バックアップを除外するファイルがあれば、チェックを入れます。

BackWPup設定5:プラグイン

初期設定のままでもOKです。
プラグインを全部バックアップしてくれます。

BackWPup設定6:宛先:フォルダ

バックアップしたデータベースやファイル・プラグインを格納する場所です。
基本は、ワードプレスが入ってるフォルダの「/uploads/」 の中に入ります。

uploads/○○←ここに入る

別のサーバーに転送することも可能

また、フォルダだけでなく、
別な方法でバックアップを取ることもできます。

一般⇒「バックアップファイルの保存方法」で

  • FTPにバックアップ

を選択することも可能です。
別でもう一つサーバーを契約していれば、
そちらのサーバーにバックアップデータを保存することも可能です。
(さくらサーバーはこの設定ができませんでした。)

まとめ

ワードプレスに関連する、データベース・ファイル・プラグイン全部バックアップできる。

スケジュール設定で「毎月」「毎週」「毎日」「毎時」が設定できる。
手動でもOK。

私もいろいろ体験してまして、1年掛けて作ってたブログが、ある日突然「画面が真っ白」になったことがあります。

その時は、あわててサーバーの引越しをして、ここで紹介したバックアップから戻してなんとか助かった思い出があります。

バックアップは大切ですね。