トラブルでブログのデータが消えたとか、カスタマイズを失敗して画面が真っ白になった時にすること。

それは、ワードプレスのバックアップからデータを復旧させることです。

今回は、BackWPupでバックアップしたデータを元に戻す「復元」の紹介です。

ワードプレスを復元するには3つ種類がある

バックアップしてあるデータには、大きく分けて3種類あります。

  1. データベース ⇒記事・カテゴリ・設定情報など
  2. ファイル ⇒写真・画像・テーマ(テンプレート)など
  3. プラグイン ⇒インストールされているプラグイン

トラブルの状況で「ファイル」を戻すのか「データベース」を戻すのか違ってきます。

わからないなら、全部戻せばいいです。

バックアップデータを復元する手順

  • サーバーに格納されたデータをあなたのPCにダウンロード
  • ダウンロードしたデータを解凍
  • 解凍したデータをサーバーに上書きアップロード
  • データベースの場合はインポートする

これが基本です。
画面が真っ白な状態なら何もできないので、FTPを使ってサーバーにアクセスして圧縮されたバックアップファイルをダウンロードして対応します。

要するにバックアップしたデータをサーバーにアップロード(上書き)して、トラブル以前の状態に戻してあげるだけ。

バックアップからファイルを復元する方法

テーマ(テンプレート)の復元

テーマのカスタマイズ中に起きたトラブルなら、テーマ(テンプレート)のバックアップファイルをアップロードする。

テーマが入ってるフォルダの名前は
wp-content ⇒ themes ⇒ 該当のテーマのフォルダ
FTPソフトなど使って、テーマのフォルダ内データをアップロードする。

◎たとえば「functions.php」を修正中のトラブルなら、「functionp.hp」だけをアップロードすれば解決するはずです。

◎よく分からなければ、バックアップしたファイルを全部アップロードしてもいいです。
フォルダを間違えないように気をつけてください。

データベースの復元

FTPを使ってバックアップファイルがあるサーバーに接続して、バックアップファイルをダウンロードして解凍します。

解凍したデータの中に、「○○.sql」と名前が付いたファイルがデータベース用のバックアップデータです。

このデータを、データベースにインポートしてあげます。

例)エックスサーバーのデータベース。

ユーザー名とパスワードを入力すると「phpMyAdmin」画面がでます。
インポートを選択 ⇒ インポートするファイルを選択 ⇒ 実行
(データベースなどのバージョンによって表示内容は変わる場合あり)

◎データベースの名前、インポートするファイルは間違えないように注意。
復元は数分で終わります。

さらに別ファイルでバックアップを取る

バックアップのプラグイン「BackWPup」の設定(一般)で、
データベースとファイルを別に分けてバックアップを取ると、リカバリーの時に分かりやすい。

画像をたくさん使っているブログなら、データベース用とファイル用で分けてバックアップすることをおすすめします。
それはなぜか?
画像ファイルは容量が大きいためサーバーへの付加も大きいため。

私は、BackWPupの設定で、
フォルダの他に「別サーバー」にもバックアップしています。

FTPを使って転送して2重にバックアップをとるということです。

サーバーがすぐに復旧しない時など、別サーバーに引っ越しも可能にするためです。

まとめ

BackWPupでバックアップしたデータには3種類ある。

  1. データベース ⇒記事・カテゴリ・設定情報など
  2. ファイル ⇒写真・画像・テーマ(テンプレート)など
  3. プラグイン ⇒インストールされているプラグイン

トラブルの内容によって、復元も若干違います。

画像やWordpressのファイル、プラグインを戻したいなら解凍済みのデータを、FTPを使って該当のフォルダにアップロードする。

データベースなら、サーバーのデータベースにアクセスして「phpMyAdmin」から解凍したデータをインポートする。

必要なデータがトラブルにあってもバックアップから戻して復元すれば、バックアップを取った時点の状態までに復旧できます。

まずは、バックアップを取っておいてください。