フリーランス、個人事業主の人がワードプレスを使ってビジネスをはじめるとき、レンタルサーバーはどうやって選ぶのか。

ビジネスを始める時は無料のホームページ作成サービスとか使わないで、
有料のレンタルサーバーを使うべきです。

無料のホームページサービスを利用すのは何がデメリットなのか

無料のサービスで作ったホームページの問題は何か?

  • ドメイン名(URL)は無料サービス会社の物
  • メールアドレスも同じで、あなたの物ではない
  • 提供会社に主導権があるため自由なカスタマイズはできない
  • 提供会社が得する広告がたくさん自動で入ってくる

どうです?
せっかくホームページを苦労して作っても、
ドメイン(URL)もメールアドレスもあなたの物ではありません。

しかも、広告が自動で挿入さます。

そうです、借り物です。
無料でホームページを作れるサービスだから仕方ないことです。

TwitterやFacebookの連携も会社によって違うし、
サービス会社が利用をストップしたら、そこでホームページの運用は終わりとなります。

つまり、
最悪、突然ホームページが削除される可能性もある、ということです。

有料サーバーといっても経費は安い

フリーランスの人も、個人の店舗経営者もお客さんから見れば「法人」。

信頼されるように独自ドメイン(URL)を取って、
有料のレンタルサーバーを使って長く続くけることが大事です。

気になるレンタルサーバーの費用ですが、年間で2万円もあれば契約できます。

年間で15,000円から25,000円もあればホームページが運用できるんです。
リアルな商売の経費と較べたら金額の安さにびっくりです。

もっと安いサーバーもありますが、使えなくなったり表示速度が遅くなったりすることもありますので、最低でも月額の利用料金が1,000円から2,000円の物を選ぶべきです。

レンタルサーバーは「安かろう悪かろう」です。

レンタルサーバー選びのポイント

レンタルサーバーに求めるものは

  • 安定
  • 表示速度
  • サポート

です。

そのレンタルサーバーには「共用」と「専用」サーバーがあります。

  • 「共用サーバー」とは1台のサーバーを複数の利用者で使うサーバー。
  • 「専用サーバー」はあなた一人だけが占有して使えるサーバー。

「共用サーバー」でも月額2,000円以上のものであれば安定しています。
「専用サーバー」は月額3千円・8千円や1万円以上といろいろです。

通常は「共用サーバー」で十分なんですが、まれに、同じサーバーに入っている別のユーザーの影響で表示速度が落ちたりする場合もあります。

私は両方のタイプを経験してますが、最近は「共用サーバー」でも月額2,000円以上の物であれば、トラブルもなく、表示速度も安定してます。

あと、初心者の方なら「24時間無料電話サポート付」を選べば大丈夫です。

まとめ

  • ビジネスでホームページを運用するなら有料レンタルサーバーを使うべき。
  • レンタルサーバーでも「共用」と「専用」がある。
  • 共用レンタルサーバーでも月額2,000円以上の物なら安定している。
  • 初心者は「24時間無料電話サポート付」を選ぶ。

ビジネスを始めたばかりで使いこなせルカ心配なら、月額1,000円前後のものでも大丈夫ですが、絶対「24時間無料電話サポート付」を選ぶことをおすすめします。