アフィリエイトの仕組み

アフィリエイトで報酬が発生するザックリとした仕組みの説明です。

アフィリエイトは、「商品を販売」するのではなく「商品を紹介」するだけです。

そして、商品が売れたら紹介手数料として報酬がもらえる商売です。

アフィリエイトの基本的な流れ

1:例えば、お客さんが商品の口コミを検索します。

あなたが作った商品のレビューブログを見つけて読む。

2:商品の詳細を確認して購入のために、リンクをクリックして購入。
(このリンクは「ASP」から提供されたものです。)

3:メーカーや販売会社で購入後に代金を支払います。
お客さんは、商品やサービスを受け取る。

4:後日、あなたに手数料として報酬が支払われます。

アフィリエイトできる商品は?

「化粧品」や「サプリメント」もあれば「資料請求」、
「一括査定申込み」「脱毛サロンの紹介」「クレジットカード」などなど。

さらに「痩せる方法」など「電子書籍やDVD」で販売する情報商材も含まれます。

報酬金額も、1クリック数円のものから、
1個売れたら1万円を超えるものまであります。

ASPとは?

図の中に書いてある「ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)」は、
私たちと広告主(販売会社)との間に入る広告代理店のような会社です。

実際に報酬を振り込んでくれるのがこのASP(エースピー)なんです。

あなたがアフィリエイトした商品が売れるようになると、
このASP(エーエスピー)から、
あなたの銀行口座に紹介手数料(報酬)が振り込まれるわけです。

アフィリエイトのおおまかな種類

  1. ASPが扱う商品をアフィリエイトする方法
  2. グーグルが提供するシステムを利用する方法

大きく分けるとこの2つです。

もう少し詳しく説明すると。

ASPが扱う商品をアフィリエイトする

ASPが扱う商品には「物販」、「電子書籍(情報商材)」、
と「アマゾンや楽天」があります。

特徴は、
商品が売れて入金が終わってから紹介手数料が発生することです。

グーグルが提供するシステムを利用

グーグルが提供する「グーグルアドセンス」を利用します。

特徴は、ブログなどに書いた記事に連動して、
グーグルが自動で広告を表示してくれること。

そして、
その広告がクリックされたら報酬が発生します。

クリックだけですので、報酬金額は低いです。
1クリック1円とか20円とかいろいろです。

広告の種類で単価は違ってきます。

クリック報酬型ともいいます。

アフィリエイトが稼げる背景

ASP(エーエスピー)は広告代理店と言いましたが、
日本には大手といわれるASPは8社以上はあります。

で、
実はこのASPをやってる大手の会社のほとんどは「上場」しています。

しかも2005年、2006年頃に「ジャスダック」や「東証マザーズ」に上場しています。

何が言いたいかと言いますと、
上場企業との取引なので安心ですし、
儲かってる商売です、と言いたかったんです。

世間ではまだ知名度は低いですが、
実は、すごく景気のいい業界ということです。

「なんで景気がいいと言えるのか?」

これから先、
インターネットを利用した商売(通販含めて)はもっと発展していくと予想できますよね。

どうみても、利用者は増えることは確実なわけです。
利用者が減るとは考えにくい。

しかも、新しいサービスや商品は今日も生まれています。

ですから、
これから在庫を持たないアフィリエイトに参入してもまったく問題ない、
ということにもなります。

まとめ

  • アフィリエイトは「商品を紹介」する仕事
  • 紹介する人と広告主との仲介役のASPは上場している。
  • アフィリエイトは大きく分けると2つある。
    「ASPの商品を扱う」方法と「グーグルアドセンス」がある。
  • アフィリエイトは成長中!これから始めても大丈夫
アフィリエイトの仕組みと始め方講座2です
↓↓↓
ブログ初心者が早く稼ぐために何をしたらいいのか